印鑑を作りかえるとき

イメージ画像

印鑑はただその個人を証明してくれる

印鑑登録をしてある自分の「実印」を変える、ということはそんなにそんなにあるものじゃないですよね。むしろそ ういうことを経験している人の方が少ないくらいのものではないかと、わたしは思います(もちろんそんな統計は見たことがありませんが…)。

印鑑はただその個人を証明してくれる、ハンコというばかりではなく、あなたという個人のアイデンティティのすべてを表してくれる、言わばあなたの代弁者なのですから、信頼の置ける店で慎重に作り、永く大切に丁寧に使うことで、ちょっと大げさに思うかもしれませんがあなたを法的に守ってくれるのです(特にこの日本では)。

ではどんな時に、実印の変更、つまり実印を改めて作って、それを新しく印鑑登録するということが想定されるのでしょうか?分りますか?

それは実に単純なことに端を発するんですよ。たとえば、あなたがこれまで使ってきた実印が、比較的に安~く作ってもらったものであった場合。とかけっこう煩雑に使ってきたのに、その印鑑を押す時に下に押印用のゴムマット(下敷きのゴムマットです)などをを敷かずに、気楽に使っていた場合。さらにあなたの腕のチカラが比較的に強く、ハンコをていねいに押す(ハンコの縁がくっきり出ないと、気が済まない)タイプの人である場合がそれに該当するんです。そうなんです、あなたにこの3つの条件が揃っていたなら、まず間違いなくあなたの実印は、きっとそんなに長持ちはしないでしょうね。

なぜかというと、安く作ってもらった印鑑=実印は、(なんの素材とはあえて言いませんが)硬いけれどももろい素材で作られているはずです。きっと。次にハンコを押す時に下に新聞紙でもいいし、雑誌でもいいから、なんらかの軟らかさを持った下敷きをやらなければ、印鑑は時間とともに確実に摩耗していきます。さらに(これが最も印鑑にダメージを与えるものなのですが)なるべくならクッキリ、ハッキリとハンコを見せたいというのが人間の心理なのは分るのですが(中にはそうでないざっくばらんの人もいますが)、それが昂じて押すている時に、真上からペッタンとおすだけでは気が済まず、ハンコの縁をギリギリと回して押したい人がいますよね? ほぉ~ら、あなたもその一人じゃぁありませんか?要するにそうやってハンコの縁をギリギリと回して押していると、いくら印鑑だって身が持たず、山に彫られている縁や名前の部分が一部欠けてしまうのです。

そうして一部欠けたハンコ=実印というものは、その欠け方次第ではあるけれど、実印としての効力を失ってしまうのです。もちろん銀行なんかに持って行ってその印影を鑑別してもらい、本物と判定されれば使えますが、それもその場ではOKという程度の仕方ない承認なわけで、「次までには新しい印鑑で登録し直して、その印鑑証明を持ってきて下さいね…」ときっと言われるのがオチでしょう。もしそういわれたならば、そこは銀行員の方の意見に素直にしたがってくださいね。でないと、とんでもなく面倒なことになりますから。もちろん真っ先にハンコ屋さんに駆けつけて新しい印鑑を作り、それを持って印鑑証明を管轄するお役所に行き、実印として登録して下さい。

でもその時のちょっとしたアドバイスを、私からひと言いわせて下さい。
新しく実印として使う印鑑を作ろうとするならば、ゼッタイに丸形で(私の好み)大きな、それでいて好みの書体で、永く愛着が湧きそうなものを作ること。これです!硬さも一番大切な要件になりますから(ただしそれには値段という要件も絡んできますが)お店の方とよく相談して、最適な素材を選んでください。

さらに印鑑のケースも、安いからといって100均などで売っているちゃちなものは買わないで、実印を収めるのにふさわしい、しっかりしたものを買ってください。やはり「名は体を表す」で、実印はあなたの身代わりになるものなのですから、立派にしてあげて大切に取り扱ってくださいね。そうすればきっと、そのたった1本のハンコから、あなたの新しい運が開けるかもしれません。少なくともわたしはそう信じています。



このページの先頭へ